So-net無料ブログ作成

銀行が紹介の・・・ [blog]

住宅ローンを銀行に申し込んで
事前の応諾が出ました。

次は、本申し込みの段階です。

本申し込み用紙は、
銀行であらかじめ文字を打ち込んだ
申込用紙も使用できるのですが、
金利の事を考えて、
変動金利にするか、
固定金利にするか、
変動と固定をミックスしたものにするか、
悩んでいたところ、
白地の申込用紙を使用する事になりました。


本来は、
担当者の面前で申込用紙に記入をするのですが、
まだ金利の件で考えている事や
取引日の日程の関係で、
本申し込み書を業者が預かり
お客様に記入して頂く形式にしました。


白地の申込用紙なので、
申込用紙に記入する時に金利を選べばよいので
少し時間が出来ましたが、
抵当権設定などをする司法書士を
銀行指定の方を利用して欲しい。
と、
担当者から依頼がありました。


お客様も登記費用が安ければ構わないと
言っていただいたので、
銀行の紹介の司法書士に依頼する事になりました。


銀行の担当者も、
この司法書士は、
他の司法書士と比べても
いつも安いと言われると言っていました。


いざ、登記費用の見積書を依頼して、
登記費用を見ると、対して安くないです。


そんなに高くもなく安くもない。
普通です。

見積書の中身を見ると、
しっかり日当も取っています。
交通費も取っています。


相見積もりにしておけば良かったかも?


銀行の担当者は安いと思い込んでいるのでしょうが、
決して安くないです。

そこそこの報酬は取っています。


今回は、
取り引きまでの日程の間隔が短いので、
仕方ない面もありますが、
銀行の融資担当者が言うほど安くない、
普通だという事が分かりました。


P.S
不動産業者が紹介する司法書士で
すごく高い司法書士もいるので、
銀行が紹介する司法書士が高い料金を
取る方たちばかりではありません。

すごく安い料金で登記をしてくれる
司法書士も沢山います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。