So-net無料ブログ作成

固定資産税見直し [blog]

数ヶ月前の新聞の朝刊に「固定資産税見直し」の文字がありました。


消費税も上がったのに、固定資産税も上がるの?

って。

思いました。

が。

中身を読み進めていくと、
空き家状態である建物を解体して更地にし、
課税する事を検討し始めたようです。


総務省の調べで、
平成25年10月1日現在の全国の住宅総数に
占める空家の割合は、13.5%で
前回の調査の時よりも0.4%増えたようです。


なぜ、空き家状態で放置しているといけないのか?

・地震の災害による倒壊の危険性が高い。
・放火を招く恐れがある。
など、
防災と防犯の面から対策をしようとしています。


でも、単純に住宅を取り壊して更地にし、
税収を上げるのが本来の目的かもしれません。


自治体としては、
居住者が居ない事を確認すれば、
住宅用地の固定資産税の特例措置の解除が出来るが、
特定には時間がかかるなどの
事実認定が難しいのが現状のようです。


特例措置を受けている所有者は、
相続した住宅をそのまま空き家にして、
放置している事が多い状況です。

それは、更地にすると税金が上がるからです。



特例措置を解除する仕組みの
自治体の危険度の判断基準の整備の為
国は物差しとなる指針を策定しようとしているそうです。


例えば、
屋根の一部が欠落していないか?

庭などの手入れなどの管理はされているか?
手入れした形跡はあるか?
など、
判断材料にする事を考えているようです。


相続した田舎の家や土地、
所有しているだけで活用していないなら、
手放す事も必要な時代に突入してきました。


先祖代々の土地を手放すのは難しいですが、
考える時が迫ってきています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。