So-net無料ブログ作成

住宅ローン、いくら借りれるの? [blog]

マイホームを購入したいと思っていますが、
いくらまで借りれる事が出来るか知りたい。

と相談がきました。


大まかで言うと、年収の約6倍~7倍くらいです。


でもこれでは、相談所の回答としては情けないので、
もう少し詳しくお話しします。


例えば、
あなたの年収が300万円とします。
他のローン(車や携帯など)が無い事が前提でお話しします。


住宅ローンとして年間返済額を計算します。
計算方法は、年収300万円×30%=90万円です。

あなたは、住宅ローンとして年間90万円までの返済なら
OKという事です。


ここで都市銀行の住宅ローンで
変動金利の2.475%
借入金額1000万円
期間35年で借りたとすると、
毎月の返済額は、35,615円です。

年間返済額90万円÷12ヶ月=75,000円(毎月返済額)
75,000円÷35,615円×1000=2,105万円
と計算上はなるのですが、

実は違うのです。


銀行は各銀行で独自の返済の基準金利を設定しています。

ある都市銀行では、基準金利3%
ある都市銀行では、基準金利3.5%
ある地方銀行では、基準金利3.3%
ある地方銀行では、地方銀行の変動金利2.675%

と各銀行によってマチマチです。


上記の年収で再度比べると
基準金利の高い銀行でみると
あなたの借り入れできる金額は・・・約1,814万円

基準金利の低い銀行でみると
あなたの借り入れできる金額は・・・約2,043万円

どこの銀行で住宅ローンを利用するかによって
借り入れできる金額が、約230万円変わります。


あなたの年収を300万円としたので
上記では、年収×返済比率30%としましたが、

年収が300万円未満だとすると
返済比率が25%になってしまいます。

年収が400万円以上だと
返済比率が35%となります。


計算式は、
1.あなたの年収×返済比率=年間返済額
2.100万円×銀行の基準金利=100万円当たりの毎月の返済額
  あるいは
  1000万円×銀行の基準金利=1000万円当たりの毎月の返済額
3.年間返済額÷12ヶ月=毎月の返済額
4.毎月の返済額÷100万円当たりの毎月の返済額×100=借入可能額
  毎月の返済額÷1000万円当たりの毎月の返済額×1000=借入可能額

借入可能額が実際に返済出来る額とは限っていないので、注意してください。
毎月の返済出来る金額は、あなたが日常の生活から判断してください。
生活が苦しくなっては、住宅を持つ意味が無くなってしまうと思います。
あなたらしく、楽しく家族と暮らしていける空間が住宅です。
タグ:住宅ローン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。