So-net無料ブログ作成

60歳台の起業家 [blog]

メール相談から発展してコンサルティングを
依頼された会員さんが、
念願の家主デビューをしました。


今回は初めての投資物件の購入なので、
なるべくリスクが少なく
予想利回りの良い物件を探しました。


購入された物件は、中古の一戸建てです。

築後17年で、3階建てでカレージ付きの木造住宅です。

接道している道路は、車などの通行は出来るが、
現状では建物の再建築は出来ません。

道路の幅も4m。
物件の土地が道路に接している長さは4mです。

しかし、この道路は建築基準法に適した
道路扱いをされていないのです。

元々は水路があり、その水路に蓋をして造った道路だったのです。
(公図には水、地積測量図には水路敷と記入してある事も。)

でもこの物件のある市町村には
救済措置として再建築をする時、
前もって相談(事前協議)をして、
空地扱いとなる建築基準法第43条ただし書き道路の
申請を出して許可が下りれば、
再建築が出来る物件だったのです。


現在は再建築出来ないので、
住宅ローンの利用も難しい。

だから周辺で売り出されている物件よりも
安く仕入れる事が出来ました。


売り物件としては、
再建築は出来ない。
住宅ローンの利用が難しい。
等々
条件はあまり良くないですが、
投資物件としては良い物件です。


家賃としては近隣の相場と同じ金額で貸すことが出来ます。


安く仕入れて相場の家賃で貸し出す。


こうしていくと、失敗するリスクが減るので成功出来ますよ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。