So-net無料ブログ作成

家の傾きの見方アレコレ [blog]

ネットやチラシを見て、
物件を見に行くときに
ビー玉やパチンコ玉を持って
家を見に行こう。

家の傾きがわかるよ!
的な事を以前テレビで
放映されたりしていましたが、
記憶にありますか?


昔過ぎて覚えてない!
って方も多いと思います。


本当にビー玉で家の傾きが分かると思いますか?


床の張り方が悪い場合もあります。

例えば、
マンションの場合ですが、
フローリングの板の下にラバー(ゴム)が付いています。

このゴムがたゆんでフローリングが
傾く事もあります。

そうすると、
ビー玉などの球体は転がります。

地盤が沈下して家が傾いた訳ではなく、
工事をした職人の腕や下地の処理の具合で
床に傾きが出ることもあります。


なので、
一概にビー玉などの球体が転がっても、
家が傾いているとは断定はできません。


家の傾きは、
外壁や基礎部分にクラック(亀裂)などがあり、
レーザーレベルなどで水平や垂直を計り判断をします。


明らかに窓枠が歪んでいたり、
ドアが閉まらなかったり、
ひきちがい戸が閉まらなかったりした場合は、
家が傾いている可能性が高いと判断できます。


まとめると、
ビー玉などでは、家が傾いているとは
断定出来ないということです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。